• gadget10_edited
  • キャプチャ
  • Facebookの社会的なアイコン
  • キャプチャ
  • logo

豊中彩帆里(とよなか さおり)

東京都練馬区

email:saoritoyonaka@gmail.com

アメブロ:https://ameblo.jp/saoangel0131

facebook:https://www.facebook.com/himawari.manacard

ABOUT US

saori toyonaka  official Homepage

家庭内別居の現状。夫婦仲は子供の『心』に影響を与える

最終更新: 2018年9月26日


以前は子供同士が仲良くて

休日に一緒に出掛けたりご飯を食べたり

仲がよかった家庭がありました。

 

3年前ぐらいに、その家庭の夫婦仲が悪化

我が家への依存が増え

私たちの方から一線を引きました。


我が家を拠り所にしてしまっていたんだと思います。




- 家庭内別居の実態

 

久しぶりにそのママと会いました。

 


旦那さんとは家庭内別居状態になったそうです。

 

基本、二人はメールでやりとり。


旦那さんは家庭内別居になってから

更に子育てには不参加に近くなり

自宅では旦那さんは、部屋に閉じこもっている状態

いつ出勤して、帰宅してるのかも分からない状態になったそうです。

 

ただ生活費はある程度の額を奥さんに渡してるらしい。

 

旦那さんには、子供の運動会で会ったけど

子供の写真を撮りにカメラを持って走っていたけど

お昼は家族とは別で食べてました





ママは出張で一週間ぐらい家を開けることがあって

その間は、ご飯を冷凍しておくので

それを子供たちは解凍して食べる

 

朝ご飯も、夕ご飯も。

自分たちで起きて学校に行き

お風呂も自分達でで入るそう。

 

兄弟がいるので、孤食ではないもしれないけど

私は「どうなんだろうか」と思ってしまいました。

 


「子供たちは慣れてるから」

「できるようにしたからさ」

ママは言ってたけど、本当にそうなんだろうか?



 

夫にも話をしたら、夫は

「仕事をしたいママの気持ちは分かるけど、

それは旦那さんと子供との兼ね合いじゃないの。


休日は旦那さんで趣味に出かけてしまうわけだから、

旦那さんも旦那さんだと思うけど。」

と言ってた。

 


そのママは話をしていても

一生懸命、心が傷つけられないように

ガードしているのがわかったので、私は良いも悪いも言えなかった。

 



- 両親の不仲は 子どもの『心』の闇となる


何より子ども達の『心』が心配。

上の子は小学校高学年。

もう諦めている。


明るさがなくなって、

暗い感じが更に強くなったかんじ。

パパといる時には 表情が更に固くなったし

道であっても荒んでる目をしてるから。

 

 

夫婦仲は子どもの『心』に深く影響を与えます。

だから大事なんです。

 

親の不仲の影響は、子どもの『心』の闇となります。

子どもは一生懸命、蓋をします。

傷つきたくないから。

 


無意識の奥深くにしまわれて

大人になって、よくわからないけど

人生が上手く行かない原因の一つになることが多いです。

 

それを見つけだして癒せればいいのですが

蓋をして、無意識の奥深くにしまってるから

自分たちでは見つけ出すことができません。

 


何度も何度もヒーリングして、ヒーリングして

これでもか?とヒーリングして

やっとそこに向き合えるようになるのです。

 


そんな親子関係、やっぱり歪んでいる。

負の連鎖は負の連鎖しか生みません。



- 子どもに罪はない。

 我が子の未来を守るのは親だけであることを忘れてはいけない。

 


家庭内別居は親の都合です。


この旦那さんは奥さんが専業主婦であることが望みで、

働きに出ていることが夫婦不仲の根底の一つあります。



その都合に子供が巻き込まれていることを忘れないで下さい。

子供に罪はありません。

子供の未来を守るために、親はできることをやりましょう。

 

親子円満ヒーリングはこちら